小顔にするために頬骨のエラを削る整形をしました。

手術で頬骨を削った結果・・!

整形頬骨顔・輪郭形成

小顔になれる商品は嘘ばかり頬骨整形のために両親も説得手術で頬骨を削った結果・・!

診察室に呼ばれて行くと、優しそうな女医の先生がいて、今まで悩んできたエラ骨と頬骨で顔が大きく見える悩みを真剣に聞いてくれました。
その後に手術ができるかをレントゲンやCTなどで検査して、その検査で撮った骨格の画像データをもとにして、手術で削っても問題のない限界まで削った手術後の顔の外見予想図を見せてくれました。
その手術後の顔の予想図が理想の小顔だったので、納得して手術を受ける事にしました。
手術前に同意書にサインしたり、体重を測って手術当日に使う麻酔の量を調べました。
手術当日には、母親について来てもらって通院して、手術着に着替えてから麻酔が効いてくるとすごい眠気に襲われてすぐに昏睡状態になりました。
目が覚めた時には3時間以上経過していて、手術は無事に成功しましたが顔中包帯がグルグル巻きにされていて麻酔が切れるとズキズキした痛みに襲われ始めました。
一晩入院して翌日痛み止めを処方してもらって退院しました。
顔の腫れや内出血は2週間ぐらい掛かって引くと、悩んでいた頬やエラの骨がスッキリしてシャープな小顔になって顔のコンプレックスが解消されました。